ブログ

19/11/18
肩こりについて

【レゾまめ】肩こりの改善

岡山市北区問屋町前にある、やればやるほどからだが楽になる未来型トレーニングジムResonance-レゾナンス-です。

 

肩こりは、レゾナンスでも頂くお悩みの中で最も多いものです。

 

大なり小なり、皆さんも経験がありませんか?

 

肩こりはデスクワークの方に多いですが、最近ではスマホなどの影響でとても増えてきています。

 

肩こりは主に2つの要素が原因で起こっています。

 

1・使い方が悪い

2・重心が乱れている

 

1・使い方が悪い

 

肩は本来、肩甲骨や背骨がセットになって動くはずです。腕を上に挙げる動作1つでも、必ず肩甲骨や背骨は一緒に動きます。

 

しかし、日常的な猫背などの悪い姿勢が重なることで、肩や腕の使い方を体が忘れてしまっているのです。

 

 

例えば、背筋を真っ直ぐにして腕を挙げる動作と、背中を丸くした猫背の状態で腕を挙げる動作を比べてみてください。

 

おそらく猫背ではほとんど腕を挙げることができませんよね。挙がって耳の横辺りだと思います。

 

これを繰り返していると、体や脳では「腕はここまでしか挙がらない」という風にインプット→制限されてしまい、そのようにしか動かせなくなってしまうのです。

 

それにより動きに偏りが出て、肩こりに繋がってしまうのです。

 

2・重心が乱れている

 

意外かもしれませんが、重心が乱れていることも肩こりの原因になります。

 

例えば、いつもカバンを担ぐのはどちらの肩ですか?決まっていませんか?

 

人間には利き手や利き目があるので、必ず偏りは出ます。しかし、それがあまりに強いと体はアンバランスになってしまいます。

 

歩く時などに顕著に出やすいですが、肩のどちらかが下がっている・靴の片側だけがすり減っているなどはありませんか?それが重心の乱れです。

 

そのまま使い続けていると、体はどんどん歪んで制限が出てしまいます。それが肩こりに直結するのです。

 

大切なのは、姿勢と動作の改善

 

肩こりの原因を根本的に改善する為には、姿勢と動作を改善することが必須になってきます。

 

体や脳が覚えてしまっている悪い癖を取り除いて、本来の正しい動作や癖を覚えさせるのです。

 

オススメは、感覚も使う運動です。本日は簡単に肩こり改善ができるやまおく体操を1つご紹介します。

 

肘横かわし

①椅子に軽く腰掛ける

②足の親指を外側に向けて浮かせる

③肘を軽く曲げた状態にする

④脱力した状態で肘を外に向かって開き、反動で戻す

 

この体操を15回、交互に4セット行ってみてください。肩甲骨や肩周りがとても軽くなりますよ。また、ずれている重心も少しずつ整ってきます。

 

まとめ

 

肩こりは使い方が悪くなる・重心が乱れていることが原因です。それは悪い癖の結果で起こり、姿勢や動作に表れます。

 

それを整える為には、正しい運動が非常に効果的です。

 

やまおく体操をご自宅でも取り入れて、肩こりを解消してくださいね。

 

未来型トレーニングジムResonance

木村 泰久

 

ジムの体験は予約制で、トレーナーが個別で対応させていただきます。下記バナーからお申込み可能です。

【初回体験¥1,980-】

お名前
ふりがな
電話番号
メールアドレス
選択ください お問合せ体験希望
体験希望の方は希望日時を入力ください
入力例)2019年4月1日18時
※日・第三金曜日は定休日です。
体験希望の方は解決したいからだの悩みについてお選びください 肩こり・腰痛・ひざ痛の改善姿勢改善運動不足解消からだの柔軟性アップ生活習慣病の改善スポーツパフォーマンスアップ介護予防リハビリその他
お問合せ内容・備考

pagetop